山形・天童市「げんキッズ」は超おすすめ!これが無料とは!

休日になると「子どもたちをどこへ連れて行こうか」と毎回悩みますね。

今回は、昨夜お出かけガイドブックを次男と一緒に見ていて、山形県天童市にある「天童市子育て未来館・げんキッズ」に行くことに決めました。

この滑り台がすごいです。

3回体験した長男の話によると、滑るというよりも落ちる感じだそうです。

げんキッズの住所・アクセス・営業時間など

住所:山形県天童市芳賀タウン北2-7-18

仙台からだと東北自動車道・山形自動車道を使って、約1時間で天童市まで行けます。

天童ICもありますが、手前の山形北ICで降りたほうが早いです。

げんキッズは、天童南駅前のイオンモール天童のすぐ近くにあります。

道路を挟んだ向かい側にあるゼビオスポーツも目印になります。

この辺りは土地区画整理があったところで、建物も道路もすべてが新しいです。

我が家の車のカーナビ情報は古いため、すべてが田んぼの中にありました。

【営業時間】
9:00~19:00(第3水曜日が休館日:祝日の場合は翌日休)

必ず保護者の同伴が必要です。

施設の利用は無料です。

200台分の駐車場があり、こちらも無料です。

>>> 天童市子育て未来館・げんキッズの詳細はこちら

げんキッズの中はこんな感じです!

げんキッズは、天童市が運営しています。

簡単な記入で終わる受付だけで、天童市以外に住んでいる人でも利用できます。

ガイドブックを見たときは、屋内でこんなに遊具があって、しかも無料とはちょっと信じられませんでした。

しかし、実際に行ってみると、想像以上に館内が広く、たくさんの遊具があって、大人でも興奮してしまいます。

規模としては、イオンモール名取のピュアキッズを超えています。

さすがふるさと納税で儲かっている自治体はすごいなと思いました。

同時に、子育てに本気で投資をしている熱意が伝わってきました。

館内の様子はこんな感じです。

動きが伴う遊具のところにはきちんとスタッフがいて、事故が起きないように配慮されています。

また、無料で利用できますが、混雑しないように、利用時間は2時間が目安となっています。

2Fに飲食ができるスペースがあるので、昼食を持って来て食べることもできます(電子レンジもあります)。

はま寿司で昼食にしました!

仙台を10時過ぎに出発して、11時半にはこの辺りに着いていたのですが、最初にネットで見ていた地図が違うところを表示していて、ちょっと時間を無駄にしてしまいました(新しく開発されたエリアではよくあること)。

12時から遊び始めて1時間が経過したところで、次男が長男に対してやたらと理不尽な因縁をつけるようになり、お腹が空いていることがわかったので、となりの「はま寿司」に移動して昼食にしました。


※小さい子供が一緒のときは、こういう小さなハサミを持っていくと、食べさせるのに便利ですよ。

運転するときに眠くなるので、私は4皿しか食べませんでした(それでも帰りの高速道路は眠くなりました)。

はま寿司については仙台もたくさんあるので、とくにコメントはしません。

げんキッズにはまた行きたいです!

げんキッズは想像以上に良かったので、また行きたいと思います。

今回は道路に雪がなくて助かりましたが、雪道はやはり怖いので、行くとしたら春になってからです。

我々は雪のない仙台から普通の靴で行きましたが、やはり冬の山形は雪国です。

げんキッズの中の下駄箱は、スノーシューズばかりでした。

次回はもうちょっと早めに出て、昼食はできれば米沢の道の駅まで行って米沢ラーメンを食べたいと考えています。

その頃には東北中央自動車道が天童から米沢まで開通していて、一気に行けるんじゃないかと思っています(現時点で未開通の「山形上山~南陽高畠」が平成30年度中に開通予定)。

※掲載情報等については、記事投稿時のものになります。記事閲覧時には変更になっている場合があることをご了承ください。



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP